パソコン一口メモ

0
    こんにちは
    ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです

    9月に入っても残暑が厳しいな〜
    と思っていたのに
    一気にらしくなりましたね!
     

    今回の一口メモは・・・

    ファイルを保存するときに

    いつも利用するフォルダを指定する


    です!

    ファイルを保存するとき、
    「名前を付けて保存」ダイアログ ボックスを表示すると、
    既定では、ファイルの保存先として
    「ドキュメント」フォルダが指定されています。
    ここでは、設定を変更し、
    いつも利用するフォルダが指定されるようにしてみましょう。
    一度、設定を変更しておけば、毎回のように保存先を指定し直す手間が省けます。

     1.[Office] ボタンをクリックして(1-1)、[Wordのオプション]をクリックします(1-2)
        

        

          ※Excel の場合は [Office] ボタンをクリックして
           [Excel のオプション] をクリック、     
           PowerPoint の場合は [Office] ボタンをクリックして
           [PowerPointのオプション] をクリックします。


     2.[Word のオプション]ダイアログ ボックスが表示されます。
        [保存] をクリックし(1-3)、[既定のファイルの場所] の横
        の[参照] ボタンをクリックします(1-4)
       
        

          ※Excelの場合は、[Excelのオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。
           [保存] をクリックし、[既定のファイルの場所] に保存先フォルダのパス名を入力します。
           また、PowerPoint の場合は、
           [PowerPoint のオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。
           [保存] をクリックし、[既定のファイルの場所] に保存先フォルダのパス名を入力します。
     

     3.ファイルの保存先として頻繁に利用するフォルダを選択します(1-5)
    [OK] ボタンをクリックします(1-6)
    ここでは、例として、デスクトップ上の「資料」フォルダを指定しています。 

          
     

    4.[既定のファイルの場所] が変更されました。
      [OK] ボタンをクリックします(1-7)

        

     

         ※次にファイルを保存するときは、
          ファイルの保存先の欄に、[既定のファイルの場所] に指定したフォルダが表示されます。
         ここでは、先ほど指定した「資料」フォルダが表示されています。


         

         ちょっとした準備で、作業が楽になりますね!

     


    パソコン一口メモ

    0

      こんにちは!
      ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです!

      梅雨も明けたというのに

      突然大雨が降ったり、日差しが強くなったりと

      変わりやすい天気が続きますね

      なかなか夏本番!とはいかないようで・
      ・・。

      さて、今回の一口メモは・・・


      スタート メニューにお気に入りを表示させる

      Internet Explorer 8 の「お気に入り」をスタート メニューの中に表示し、
      よく開く Web ページをスタート メニューから開くことができるようにします。


             1.まずタスク バーのアイコンなどが表示されていない領域を右クリックし

          表示されるメニューの「プロパティ」をクリックします。(1-1)

           2.「[スタート] メニュー」タブをクリックして開き、
             
              「カスタマイズ」ボタンをクリックします。(1-2)

          3.表示される「[スタート] メニューのカスタマイズ」ダイアログ ボックスで、
            
           「[お気に入り] メニュー」をクリックしてチェックをオンにします。
           
           「OK」ボタンをクリックします。(1-3)

            4.「お気に入り」の内容がスタート メニューに表示され、
              
              簡単にお気に入りの Web ページを開くことができます。



           パソコンを開けたらすぐネットを見る方、

           便利ですね!


      パソコン一口メモ

      0
         こんにちは!

        ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです。

        梅雨らしいすっきりしないお天気が続きますね・・・。

        2012年ももう半分が終わりますね。

        皆さんにとってどんな半年でしたか・・・?

        さてさて、

        今回の一口メモは・・・

        Windows の更新プログラムって何?

        意外に見落としがちですが、
        パソコンを操作中に「新しい更新プログラムを利用できます」
        といったメッセージが表示されることがあります。
        これはパソコンのセキュリティや、
        パフォーマンスを向上させるソフトウェアを、
        インストールできることをお知らせするものです。
        更新プログラムを実行して、パソコンをより安全に使いやすくしましょう




        ビックリマークにびっくり。





        パソコンで [スタート] メニューを開いて、
        パソコンをシャットダウンしようと思った時に、
        黄色い「!」マークが付いていることがあります。





        また、通知領域の辺りに「新しい更新プログラムを利用できます」
        という吹き出しのようなお知らせが出ることもあります





        これは、お使いのパソコンに重要な更新プログラムが配信されたことを
        知らせるものです。
        「更新プログラム」とは、パソコンにインストールされているソフトウェアの不具合やセキュリティの脆弱性を修正したり、
        期限切れになった更新プログラムを置き換えたりするプログラムです。

        特に「重要な更新プログラム」は、お使いのパソコンを最新の状態に保つために必要なプログラムですので、配信されたら早急にインストールしましょう。






        Windows の更新プログラムを自動的にインストールするには?



        マイクロソフトの Windows 更新プログラムは、急遽配信されることもありますが、通常、毎月第 2 週火曜日の翌日に配信されます。 しかし、パソコンの作業中に自動更新サービスによって更新プログラムが適用されるのは、何とも邪魔ですよね。確実に適用されるよう設定するには、シャットダウンの際、自動的にインストールしてしまうと便利です。




        Windows 7 では、下記のように設定します。



        1.[スタート] ボタン をクリックします。
        2.[スタート] メニューの検索ボックスに「更新プログラム」もしくは「wu」と
         入力し、結果の一覧の [更新プログラムの確認] をクリックします。
        3.左側のウィンドウで、[設定の変更] をクリックします。
        4.「設定の変更」が開きます。項目は 5 つあります。







        重要な更新プログラム



        ▼ボタンをクリックし、「重要な更新プログラム」をどのようにインストールするか選択します。できるだけ「更新プログラムを自動的にインストールする (推奨)」を選択しましょう。



        推奨される更新プログラム



        「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」にチェックを付けます。



        更新プログラムをインストールできるユーザー



        自動更新はユーザー アカウントの種類に関係なくインストールされます。しかし、手動でインストールされる更新プログラムのインストール作業を、パソコンにログインする、すべてのユーザーに許可したい場合は、 [すべてのユーザーにこのコンピューターへの更新プログラムのインストールを許可する] にチェックを付けます。



        Microsoft Update



        Microsoft Office 製品などの Microsoft 製品が搭載されている場合は「Windows の更新時に Microsoft 製品の更新プログラムを入手し、新しいオプションの Microsoft ソフトウェアについて確認する」にチェックを付けましょう。



        ソフトウェアに関する通知



        「新しい Microsoft ソフトウェアが入手可能になった時点で詳しい情報を表示する」にチェックを付けますが、ここは、ご自身の都合に合わせても構いません。



        5.[OK] をクリックします。
        管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、
        確認情報を入力します。





        手動でインストールする更新プログラム





        通知領域に吹き出しが出た場合は、自動的にインストールされない重要な更新プログラムが配信されたお知らせです。





        どんな更新プログラムなのか確認したい場合は、 その吹き出しのアイコンをクリックして「更新プログラムの確認」を見てみましょう。







        どんな更新プログラムがあるのか確認したい場合は、
        「重要な更新プログラムが利用可能です」
        と表示されている部分をクリックすると閲覧できるようになっています。





        Windows 更新プログラムを利用せずにシャットダウンしたい





        Windows 更新プログラムは、パソコンのシャットダウン時に自動的にインストールされるようにしてあると便利です。
        さて、ノート パソコンを持って外出したいという場合、早急にパソコンをシャットダウンしたい! ということもあるでしょう。
        しかし、[スタート] メニューの「シャットダウン」に黄色い盾が表示されると、インストールせずにシャットダウンさせる項目が見当たりません





        悠長に更新プログラムがインストールされるのを待っていられない!
        という場合は、下記の手順でパソコンをシャットダウンしてみましょう。



        1.起動しているアプリケーションをすべて終了します。
        2.キーボードの [Alt] キーを押しながら [F4] キーを押します。
        3.「Windows のシャットダウン」が開きます。





        4.「次の中から選んでください」欄に「更新プログラムをインストールしてシャットダウン」と表示されているので、右端にある▼ボタンをクリックします。

        5.メニューが表示されて「シャットダウン」が見つかります





        6.「シャットダウン」を選択して「OK」ボタンをクリックします。





        7.「更新プログラム」をインストールすることなく、パソコンをシャットダウンできます。



        これで、忙しいときにも慌てずに済みますね。Windows の更新プログラムは、お時間のある時にゆっくり作業しましょう。







        パソコン一口メモ

        0
           こんにちは!
          ハローパソコン教室名谷駅校 スタッフHaです。


          21日の金環日食、ごらんになられましたでしょうか?

          幸運にも神戸ではきれいに晴れて
          きれいな輪がみえましたね〜。

          わが家もベランダに三脚を立て、
          デジタル一眼カメラに日食グラスをつけて
          撮影してみました!




          惜しくも、完全な輪となりませんでしたが・・・。

          さて

          今回の一口メモは・・・・


          パソコン画面の任意の領域を、
          画像として保存する

          です!!

          パソコン画面上で、画像だけでなく
          「この辺を写してメールで送りたい」
          という時はありませんか?
          欲しい部分だけを切りぬく便利な機能があります。

          1. スタート メニューから [すべてのプログラム] → [アクセサリ] と開き、[Snipping Tools] を起動します。

           

              2.取りたい領域をマウスでドラッグして選択すると、
                画像が Snipping Tool に読み込まれます。
          (1-1)

               



               


           

               3.読み込まれた画像には簡単な編集ができ、
                 ファイル (HTML、PNG、JPG、GIF)
                 として保存することができます


                 


              いままでプリントスクリーンを使っていた方も
              一度お試しくださいね!!
           



          パソコン一口メモ

          0
             こんにちは
            ハローパソコン教室名谷駅校 スタッフHaです!

            4月も半ばになりました。
            この春は、自治会や、子供会の役員にあたっちゃった・・・
            という方もいらっしゃるのではないでしょうか


            いままで作られていた文書に、ちょっと手直ししたいんだけど・・
            という時に役に立つテクニックをご紹介します。

            今回の一口メモは・・・

            マウスを使って線を引きたい!!です


            Microsoft Office Excel 2007 を使って、
            自由度が高い罫線を引きたいと思ったことはありますか?
            マウスを使うと、鉛筆でなぞるような感覚で
            自由に線を引くことができます。
            線の種類や色も選択でき、きれいな表を作る一つの手助けとなります。

            1. マウスを使って表に罫線を引いてみましょう。 

                最初に線の色を変更します。

                [ホーム] タブをクリックして (1-1)

                [フォント] グループの [罫線] ボタンの ▼ をクリックします (1-2)

                一覧から [線の色] をポイントし (1-3)

                任意の色を選択します (1-4)

                 
             

                2.次に線の種類を変更します。

                  [罫線] ボタンの ▼ をクリックし (1-5)

                  [線のスタイル] をポイントして(1-6)
                  
                  線の種類を選択します (1-7)


                 
                 
                   

               3.色や種類を指定できたら線を引いてみましょう。

                 広範囲のセルに効率よく罫線を引くには、
                 
                 [罫線] ボタンの ▼ をクリックし (1-8)

                 一覧から [罫線グリッドの作成] をクリックします (1-9)

                    

                4.線を引きたい表の範囲内で斜めにドラッグすると (1-10)

                   ドラッグした位置を対角線とするセル範囲に
                   
                   一度に罫線が引かれます。

                      

                 5.最後に、表の右上隅に斜線を引きましょう。
                   
                    線を 1 本ずつ引けるようにするには、 
                   
                    [罫線] ボタンの ▼ をクリックし (1-11)、   

                     一覧から [罫線の作成] をクリックします (1-12)

                   
             

                   6.斜線を引きたいセルの左上角から

                     右下角へ斜めにドラッグします (1-13)

                     罫線を引き終わったら、[フォント] グループの

                     線の作成] ボタンをクリックしてオフにすると (1-14)

                     マウス ポインタが元の形状にもどります。

                    


            ※うっかり誤った線を引いてしまったら、消しゴムを使って線を消すことができます。
            [罫線] ボタンの ▼ をクリックし (1-15)
            一覧から [罫線の削除] をクリックすると (1-16)
            マウス ポインタが消しゴムの形になります。
            この状態で消したい線をなぞるようにドラッグすれば、不要な罫線を削除できます (1-17)

                   




            一度お試しくださいね


            パソコン一口メモ

            0
               
              こんにちは
              ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです

              今回は
              無料の写真用ソフト
              Windows Live フォトギャラリー
              ご紹介です

              集合写真を撮った時に、
              失敗のないよう何枚かとったものの、
              誰かが目をつぶっていたり、顔が隠れてしまったり・・・

              全員のいい顔がそろうのは難しいですよね

              フォトギャラリーでは簡単に
              ちょこっと合成できちゃうんです

              Windows Live フォトギャラリー
              はあらかじめダウンロードしておきましょう
              (windows Liveのサイトから
              ダウンロードできます)

              1.Windows Live フォトギャラリー
                を開きます。
              2.合成したい写真を2枚選択します。
              3.作成→合成写真をクリック



              (同じ構図、同じ被写体、同じ光度の写真でないと
              この合成はできません)

              お試しください!

              パソコン一口メモ

              0

                こんにちは
                ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです。

                寒い日が続きますが、
                少しずつ日差しや空気に
                春らしさを感じるようになりました

                受験生の方も花咲く季節はもうすぐ・・・
                ですね

                今回の一口メモは・・・

                スタート メニューにお気に入りを表示させる

                Internet Explorer 8 の「お気に入り」をスタート メニューの中に表示し、
                よく開く Web ページをスタート メニューから開くことができるようにします。

                1. まずタスク バーのアイコンなどが表示されていない領域を右クリックし、

                     表示されるメニューの「プロパティ」をクリックします。(1-1)

                 

                     2.「[スタート] メニュー」タブをクリックして開き、
                       「カスタマイズ」ボタンをクリックします。(1-2)

                      3.表示される「[スタート] メニューの「カスタマイズ」ダイアログ ボックスで、
                      「[お気に入り] メニュー」をクリックしてチェックをオンにします。
                      「OK」ボタンをクリックします。(1-3)

                     4.「お気に入り」の内容がスタート メニューに表示され、
                       簡単にお気に入りの Web ページを開くことができます。



                お気に入りに早くたどりつけますね



                パソコン一口メモ

                0
                   こんにちは
                  ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです!

                  毎日寒い日が続きますね〜
                  インフルエンザも流行ってきているようです。
                  くれぐれも体調にお気を付けくださいね
                  教室でも加湿器を入れたり、
                  マスクや手の消毒液も準備しておりますので
                  スタッフにお申し付けください

                  さて、今回の一口メモは・・・

                  Windows Vista では、
                  画像や音楽ファイルにタグ(キーワード)を設定する機能が追加され、
                  ファイルをタグ(キーワード)で検索できるようになりました。
                  Office ファイルにもタグ(キーワード)を設定できるので、
                  Excel 2007 や Word 2007 のファイルを分類して、
                  簡単に管理できます。

                  1. [エクスプローラ] ウィンドウで
                  Office ファイルにカーソルを合わせると、
                  詳細ペインにタグが表示されます。
                  画像1


                  2. タグを追加するために、[タグ] にカーソルを合わせます。
                  画像2



                  3. カーソルを合わせると編集できるので、
                  適切な文字を入れて [保存] ボタンを押すか、
                  Enter キーを押します。
                  画像3



                  4. タグを設定したファイルは検索が簡単です。
                  [スタート] メニューから検索してみます。
                  画像4
                  5. 検索のウィンドウが開いたら、
                  [高度な検索] の横のボタンをクリックします。
                  画像5



                  6. 高度な検索では、タグでファイルを探すことができます。
                  タグにキーワードを入力して、
                  [検索] ボタンをクリックすれば、
                  指定したタグが付いたファイルだけを検索できます。
                  画像6

                  WINDOWS7でも同じようにタグやカテゴリ、件名など
                  をあらかじめ登録しておくことができ、
                  検索が楽になりました!

                  新春入会キャンペーンも残り2席です!

                  ご検討中の方、お急ぎください〜

                  パソコン一口メモ

                  0
                     こんにちは
                    ハローパソコン教室名谷駅校スタッフHaです

                    2011年も残すところあと7日
                    お正月の準備や大掃除、
                    やることがいっぱいで大変・・・ですね

                    大掃除と言えば・・・
                    この一年大活躍してくれたパソコンも
                    大掃除しませんか

                    今回は・・・

                    HDD の空き容量を増やす

                     パソコンは、長期間使用しているとインターネットを閲覧したり、
                     ダウンロードを行っているだけで知らず知らずの内に
                     「いつのまにか動きが遅いパソコン」になります。
                     そこで、溜まってしまった不要ファイルを削除して、
                     ハードディスクの容量を増やしましょう。

                    1. まず「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」

                      ➔「システムツール」→「ディスククリーンアップ」をクリックします。(1-1)
                        
                        
                     

                      2.ディスククリーンアップ対象のハードディスク検出が済むと、
                        下記のダイアログボックスが出現します。
                        不要なファイルや、知らず知らずに蓄積されていそうな
                        一時ファイル等がチェックされていることを確認し、
                        「OK」ボタンをクリックします。(2-1)


                      

                       


                    これでクリーンアップの作業は完了です。

                      3.Windows 7 には他にも、「システム ファイルのクリーンアップ」
                        という項目があります。
                        「システム ファイルのクリーンアップ」ボタンをクリックします。
                      
                       

                      4.下記のダイアログボックスが出現します。
                            「詳細オプション」をクリックします。(3-1)
                        
                    ここでは、使用していないプログラムの削除と、
                        システムの復元ポイントを最新ファイル以外のデータを削除してくれる、
                        という機能があります。

                       便利だけど使用しないで蓄積されるデータもありますので、
                       クリーンアップでハードディスクの容量を確保、
                       快適な PC 活用をしていきましょう。

                       パソコンもすっきりして、良い年が迎えられそうですね


                    イルミネーション

                    0
                       ハローパソコン教室、名谷駅校 スタッフTです
                      12月に入り、様々な場所でイルミネーションが点灯されていますね。
                      名谷駅校の近くでも、可愛らしいのが光ってます

                      やはり、神戸のイルミネーションと言えば、ルミナリエでしょうか?
                      神戸にお住まいの方はなかなか行かれないかもしれませんが、
                      私は去年に引き続き、今年も行ってきました

                      混雑回避のため、たくさん迂回していかなければいけませんが、
                      その分綺麗な光を楽しめました
                      実際に見ているほうが綺麗ですが、やっぱり写真におさめたい!ですよね?
                      そんな方のために、お持ちのデジカメでも綺麗に撮れる方法をご紹介します

                      夜景・イルミネーションと言えば、三脚を据えて…というイメージが強いですが
                      混雑した場所では設置も難しいし、そもそも三脚なんて持っていない…
                      さらに最近のデジタルカメラは、○○モード、そんな名前が多くてどれを選択していいのやら

                      そんな方のために
                      変える設定は一つだけ、「ISO感度」というものです。
                      ISO感度とは

                      数値が大きいほど、暗い所でも明るい写真が撮れる

                      そんなすぐれものです

                      最近流行りの「手ぶれ補正機能」を搭載していない機種でも、
                      ISO感度の数値を上げて撮影する事で、手ぶれを起こりにくくする事が出来ます

                      そのISO感度とやらを通常より上げて、脇をしっかりしめて撮影したものがこちらです



                      混雑した人の中で、移動しながら撮影しましたが、ブレブレで何がなにやら…
                      といった写真にはなってませんね
                      是非、皆様もお手持ちのカメラでお試しください!!

                      どこで設定するかわからないという方は、説明書の索引で引いていただければ
                      すぐに出てくるかと思います

                      こんなすぐれもののISO感度ですが、ひとつだけ難点があります。

                      ISO感度を高く設定して撮影すると、写真にノイズが入りやすくなります。
                      今回載せた写真でも、やはり大きく拡大して見るとノイズが見えます。
                      (ふつうのはがきサイズ位で出すと気にならない程度ですが

                      ISO感度を上げると、カメラが感じ取る光の量が増えるのですが、
                      このことは同時に「本来は必要の無い余計な光まで感じ取ってしまう」
                      という副作用を生んでしまうのです

                      その点だけ念頭に置いて、ISO感度の変更をしてみてください

                      あと、ISO感度を上げた後は元の設定に戻すように気をつけてくださいね


                      << | 2/3PAGES | >>